MENU

ヘアメディカルの治療で副作用の危険性はある?

ヘアメディカルは最新の薄毛治療のAGA治療を日本で一番初めに行った病院です。

 

AGAとは、20代と30代の若年時期にもかかわらず、頭頂部が薄くなるO型薄毛や、額が後退して広がっていくM型脱毛のいずれか片方か、両方同時に起きた症状の複合型薄毛の事です。

 

AGAの治療は薄毛になった原因によって様々な治療法が行われます。

AGA発症の原因とその対策法

AGAの主な原因が男性ホルモンの場合は、男性の骨格や筋力が発達するホルモンが、前頭部や頭頂部などの毛母細胞で別のホルモンに変異して、毛根細胞を委縮させ髪の成長が出来ずに、細毛や抜け毛を引き起こします。

 

AGAの残りの原因は、母型の遺伝子の影響によって、男性ホルモンの感受性が関係する遺伝要因や、ストレスによりホルモンバランスが崩れて起こるストレス要因や、喫煙や偏食により引き起こされる生活要因などがあります。

 

AGA治療には、男性ホルモンのテストステロンを抑制する事で、毛母細胞に栄養が行くようにして髪に十分な栄養が行くようにする事が治療目的で、テストステロンを抑制するために、様々な薬が用いられます。

AGA治療薬の種類と副作用

AGA治療薬には、プロペシア、フィンペシア、フィンカー、エフペシア、ポロスカー、ミノキシジルなどが用いられますが、テストステロンの抑制効果だけでなく、様々な副作用があります。

 

プロペシアの副作用は、前立腺の病気を患った人は使うことができません。ミニキシジルは心臓病や高血圧を患った患者が使用すると危険性があり、湿疹やかぶれなどの頭皮のトラブルが起きている時にも使用を控える必要があります。

 

AGA治療には、男性ホルモンなど様々な副作用の危険性を伴う薬を用いるので、治療経験のある医師が個々人に合った治療法や、薬の容量を調整する必要があります。
ヘアメディカルの口コミや評判を暴露!